2012年02月03日

猫が来た!!

ずっと前から何か飼いたいなーって思ってたんです!!今までの人生でペットと呼べるものは日本の縁日で買ってきた金魚たち。2年くらい前から私の中で「うさぎ」ブームがあったんですが、みんなの反対にあったり、うさぎは寂しいと死んでしまうということを聞き、あまり家にいない私は断念。犬も良かったんだけど、世話も大変だし寂しがりやだし、大変ということで犬も断念。

。。。じゃ猫は?というと「うーん、まあいいんじゃない」って感じで話がなあなあになってたんだけど、先日サンフランシスコのアニマル・シェルターにぷらっと立ち寄ってきたんです。すごい数の犬や猫が保護されていて、今回は猫のシェルターを見てきました。そこで出会ったのがHANAと名づけた我が家の猫。ちょっとおすましなべっぴんさんです。(もう親ばかですいません!)

HANA3.jpg

HANA2.jpg

HANAだとアメリカ人にもHANNAって感じで呼びやすいし、女の子なので「花」らしいということで。。。その当日に引き取ることに。ケージの中でミャーミャーと鳴くHANAをなだめながら、家に帰宅。やっぱり最初は慣れない場所ということで、警戒をされちゃっただけど、だんだんと最近は慣れてきて、夕方になると我が家をパトロール。あとはかまって欲しくて、ナーナーと甘えた声でないて擦り寄ってきます。普段は冷たいく・せ・に!!

HANA1.jpg

最近では名前を呼ぶと答えたり、寂しくなると階段をだだだだーと駆け下りてきたり、仕事から戻るとベッドの下から甘えて出てきたり。。。もうめろめろです。HANAちゃんを呼ぶ私の声はどこまでも甘いのです。
トイレのしつけはもうしっかりシェルターでされていたみたいで、トイレはちゃんとしてくれるのがうれしい。唯一の問題は爪をカーペットでスクラッチすること。

最近では夜に相手にされないと分かると、ちょっとカーペットを掻いて気をひこうとする賢い子。やっぱ頭いいんだなー。こんなに小さいのに。まだ2歳。でも人間では25歳にあたるそう。

これからどんなに成長してくれるのか、毎日仕事もそわそわ。早く家に帰ってHANAに会いたいー!!と事務所でものろけ話炸裂中です。
HANAに色々おもちゃを買うんですが、もし皆さんのお勧めがあったら教えてくださいねー。



posted by ななっこ at 06:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★アメリカのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

ちょっと休暇で南まで。。。

先週末に休暇と週末を利用してロサンゼルスの近くにある「サンタバーバラ」という町に行ってきました!サンフランシスコからは車で6時間ほど。朝、まだ夜も明けないころから出発。海沿いの海岸道路をぶっ飛ばします。いえーい!ちょっと映画の主人公な感じ?

数時間たつと日が昇り、きれいな海が右手に広がります。これを見れただけでも大満足!早朝から頑張っているサーファーたちを応援しながらクネクネとした道を走っていきます。

S1.jpg

サンタバーバラはお金持ちが住んでいると評判の「ちょっとハイソな」町(笑) 海沿いの町ということもあって観光客も多いです。カリフォルニア州立大学のキャンパスもあるので学生も多いですよ。すべての建築が高さを規制されているので、高層ビルはなく、3階建てくらいまでのかわいい作りの建物も目立ちますねー。

市役所からして、とても綺麗!全米で一番美しい市役所に指定されているとか。。。納得。中は綺麗なタイルなんかで飾り付けられていたり、昔ならではの雰囲気が出ています。そこの時計台にのぼり、町を一望してみました。とっても綺麗!!幸せ!!

F3.jpg
S2.jpg









そんな海を眺めながら自転車で海岸沿いをサイクリングしたり、埠頭を歩いたり、おいしいと言われているお店に行って味比べをしたり。とっても充実した食道楽な旅行になりました。観光がメインな町なので、どのレストランも結構おいしいんです。うふふ。

S5.jpg










あともしここに行かれることがあったら、お勧めのアイスクリーム屋さんがあるんです!!McConellsといって、いつ行っても混んでいるんだけど、本当に美味しい!普段あまりアイスを食べない私も毎日通っちゃうくらい。(そして食べすぎの後には、必ずおなかが痛くなって。。。。もう大変なジレンマでした)バニラ味なんかは日本のレディーボーゲンのような味をもっと深めたもの。お勧めです。

S6.jpg










帰りはちょっと疲れていたので、高速道路で帰りました。ちょっと味気ない道ですが、海岸道路よりは数時間早く着くので。。。
休暇って本当にあっという間に終わっちゃいますね。だからこそ、ありがたみが分かるのかな???もう次はどこに行こうかなんて考えちゃってますよ。お勧めの場所があったら教えてくださいねー。
posted by ななっこ at 02:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ★アメリカのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

ある意味すごい?アメリカのカスタマーサービス!

日本ではあり得ないカスタマーサービス

でででん!デコ丸でござる!

今日は、最近考えられない、でもアメリカらしいありがちなあり得ないカスタマーサービスについて、ちょっとお話してみようと思う。以前日本に住んでいた際は当然のように思っていたが、海外に住んでみると日本は驚くくらい消費者にやさしい天国のような国ということがすごいよくわかる。

日本だと丁寧に対応してくれることもアメリカだとそうでないことなんて日常茶飯事。アメリカに住んで早10年以上たつので、ある意味そういうことも割り切って生活しているが、ときどきそれでも驚くべきことがちょこちょこある。今日はそんな一例をお話したい。

call-center.jpg

先日、仕事中、とある取引業者に連絡したら、いつもの担当者がいなかったものだから別に人にオーダーを入れた。そやつの名前はロバート。ここで一度電話を切る。
そのあと商品の質問があり、もう一度電話したら別の担当者が出たのだ。その時の会話がこれである。

デコ丸  :「ロバートにかわってほしい」
オペレーター :「どのロバートかわからない」
デコ丸  :「5分ぐらい前にかけたので、電話番号とかログで誰かわりあてられませんか?」

<5秒ぐらい間>
オペレーター :「あー、わかったわ、はいはい」

<10秒ぐらい間待っていたが、取り次いでくれないため>
デコ丸  :「変わってくれないの?」
オペレーター :「はぁ?冗談よ、冗談。わかるわけないじゃない。」


あまりにさらっというので、一瞬「こ。。こは笑うところなのじゃろうか?」「ま、まさか、そんな失礼な事を、カスタマーサービスが言うなんてあり得ないのでは。。」とか考えているうちに、別の人に取り次がれ、腑に落ちないまま電話を切った。だが、どう考えてもあの電話の対応はおかしい。危うく流されて笑ってしまうところだったぞ。こんなカスタマーサービスは日本では考えられないぞ。うきぃー!
DL112_L.jpg

最近わが社のスタッフの旦那さん(アメリカ人)も、何度も電話のキャッチセールがあるから「もうリストから外してほしい」と、丁重に断ったところ、「じゃあ、外してあげてもいいけど、その場合はもう少しナイスに話すべきじゃない?」とか言われたらしい。。。思わず「ごめんなさい」って、言ってしまい、相手も「That's ok(しょうがないわね)」みたいに言われて電話を切ったらしい。

後で考えると思わず謝ってしまった自分に腹が立ってしょうがなかったといってたのだが、あまり開き直られると、一瞬自分が間違ったことをしているような気分になってしまう気持ちもわからないでもない。そういう事が日常茶飯事で起こる米国。。。ある程度は慣れたがそれでもたまに驚いてしまう。。

というわけで、今日はこの辺でさらばじゃ。

ドロン!
posted by ななっこ at 23:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★アメリカのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

霧のサンフランシスコ

霧のサンフランシスコ

でででん!

久しぶりのデコ丸登場!久しぶりで突然なのだが、私の住むサンフランシスコは夏が一番寒くて、霧が多い季節である。そのため、朝晩はたいてい濃霧である。しかも特に今年は天気の悪い日が多いので、なんだかいつもグレーのお天道様。気分が暗くなるでござる。こんな感じでどよどよしているのである。曇り
kiri1.jpg

サンフランシスコは、夏に年に最低気温を記録してしまうことがあるので、夏であって夏でない感じである。なんか、日本の蚊取り線香のにおいして、蝉がミンミン鳴いている夏が懐かしく感じてしまうなぁ。。。でもあの湿気を考えると返りたくないと思うわがままな自分がいる。今年はどんなもんなのかなぁ。

それにしてもサンフランは場所によって本当に天候が違うので、自宅の周りでは濃霧でも、ダウンタウンにつくと晴天だったりするので、こんなにも同じ土地で天候が違うのにいつも驚かされてしまう。
ちなみにこんな感じの霧だったりする・・。かなりもやっているたらーっ(汗)
kiri2.jpg

朝の霧、昼はくもり、夜は霧。なんだか憂鬱だ。。梅雨明けならぬ、霧明けを期待したいものでござる。

それではこれにて退散!


どろん!

 
posted by ななっこ at 16:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★アメリカのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

さらば!スーパースター、マイケルジャクソン!

マイコーさようなら!

でででん!デコ丸参上!


 michael3.gif

マイケル・ジャクソンさんがなくなったニュースはアメリカでも大変なニュースで連日報道でにぎわっている。色々なニュースや情報が飛び交っていて、亡くなった後でもマスコミは彼を放っておいてはくれないようだ。

 先日、マイケル・ジャクソン殿のお別れセレモニーが行われたらしい。これをみて本当にかわいそうになってしまった。下記がその映像だ。
盛大なセレモニーが行われ、マイケルの子供の映像も出ている。思わずスピーチを聞いてうるうるしてしまった。たらーっ(汗)

http://www.youtube.com/watch?v=HwGUfMHn9p8&feature=channel

マスコミは散々彼を追い詰めておいて、なくなったとたんに「世紀のスーパースター」だ。確かに奇行が目立ってた彼だが、一言発すれば、もうすぐに訴訟される。「おかしい、おかしい」とニュースになり、骨の髄までむしり取られたようなような状態である。もちろん気になってゴシップを見てしまう拙者も同罪といえば、同罪なのだが。。。


そういえば、先日のCNNのニュースでマイケルの幽霊ではないかというニュースをしていた。これは、彼の昔の住居、ネバーランドでインタビューをしているラリーキングとのやりとりの中で、家の中の様子を撮影していたら、偶然映るはずもない影が歩いているのが、偶然映像に映っていたのだ。これがそのリンクぞよ。ぞくぞく。。。この編集の仕方も卑怯でござる!こんなスローモーションの声つきにすると、怖くないものの怖く見てしまうのではないか!
 

http://www.youtube.com/watch?v=NvdM5RDnJic
(ちょっと長いのでご注意くだされ)

 

探し当てたのはよいのだが、このリンクをもう一度あけたくない小心者でござる。。。ぶるるる。。。

 michael2.gif

でも何度もニュースで流れる彼の歌を聴いているうちに聞きたくなってしまったので、ちょっと昔のCDを出して見て聞いてみたのだが、そんな我が身もマスコミに惑わされているのか。。。でも、結構良かった。。ところで、彼が亡くなる2日前のリハーサルで普通にダンスする彼の姿を見ると人間明日どうなるのかわからないと、つくづく思ってしまうのだ。こんなに元気だったのに。

 

http://www.youtube.com/watch?v=7qE22UOlQts

 

元々コンサートもロンドン1カ所で50講演するつもりもなかったみたいなのだが、これも負債の返済のため、やむえなかったのかもしれない。でも子供ために未発表曲を200曲近く残しているらしく、当分はリリースに困る事はないみたいなので、ようやく彼の曲だけが世に評価される時期に来たのかもしれない。そんなことを考えてしまうさすらいのデコ丸であった。

michael.gif

でも本当に偉大なスーパースターをなくしてしまったという感じである。残念だ。。あの規模の大スターは100年に一度出るか出ないかなのではないのだろうか。。でも小さいからマスコミに追われ続けたマイケルはプライベートは散々だったのじゃないだろうか。かわいそうに。

日本での報道はもう落ち着いているのだろうか。。

 


何はともあれ、ご冥福をお祈りしたい。さらばでござる、KING OF POP、マイケルジャクソン!

 

今日はこれにて退散。

 

どろん!

posted by ななっこ at 22:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★アメリカのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

アメリカの炊飯器事情

新しい炊飯器が我が家にやってきた!


でででん!デコ丸参上!
 

アメリカ在住歴が長いデコ丸だが実はご飯大好きなのだ。
最近日本製の新しい炊飯器を手にいれたのだ!なので興奮しているのだ!ぴかぴか(新しい) 
それがこの炊飯器だ!
suihanki1.jpg

日本にいれば別に普通の炊飯器だと思うが、こちらアメリカでは超最新型の炊飯器に値するのだダッシュ(走り出すさま)

最近よく思うのだが、日本は醤油とお米の文化は深い。
米国どこを探しても、日本と直接やりとりをしてる日系の電気屋をのぞき、日本の家電のような炊飯器をみつけることは無理だろうなと思う。

米国での炊飯器は、タイマーがついていればましな方で、お米自体にそれほど執着心のない米国。まず日本のような「おこげ」をつくれたり、お米によってご飯を炊く状態を分けたりするような炊飯器は難しいだろう。

以前前使っていたのも、日本に帰ったときに購入してきたもので、それももう6年ぐらい前。そんな旧式でも今もまだ米国にある炊飯器よりは格段上なのだから、日本人向けのよい炊飯器を探すこと自体が無理なのだろう。

 
何しろ、ずいぶん昔に日本で流行っていたらしい下記の写真のような花柄のいかにも古い炊飯器がこちらでは堂々と売っていたりする。日本では逆にプレミアがつきそうな旧式だ。。
suihanki3.jpg

それまで使っていた古い炊飯器はもう結構使い込んでいたので捨てようと思っていたが、 我が社のスタッフが欲しいというのであげたところ、「玄米を一合以上炊くと、蒸気でふたが取れたり、泡立ってしまうのですごいうれしいるんるん」と、言われたのだが一体どんな炊飯器を使っているのか、謎である。きっと写真のような炊飯器に違いない。これを「デリシャスライス炊飯器」と言えてしまう恐るべしアメリカ。 
suihanki2.jpg

ちなみに炊飯器はかなりの電力をいるので、日本製のものを米国で使うのであれば、変圧器がないと家のヒューズが飛んでしまう。国は120Vで日本よりボルトが高い。日本製を使うと機械がオーバーヒートしやすい。簡単にいうと寿命が短くなるんのだ。

特に炊飯器は、壊れたら大変なので、もちろん変圧器をきちっと使っている。お米命の拙者としては、炊飯器だけは壊すわけにはいかぬのだ。しかしあまりにも電力を使うので、変圧器を使っても、炊飯器を炊きながら、ほかの家電を使うとヒューズが飛んでしまう我が家。たらーっ(汗)

予定外に夜、炊飯器を炊くときは、テレビと炊飯器以外は電気を消してご飯ができるのを待っている。暗闇の中、テレビの光が灯り、炊飯器がクツクツなっている。。。
 

これは余談だが、米国の製品を日本に持って行くと、使えるが、家電の場合、電圧が弱すぎてきちんと動かないらしい。時間をかけてもいい充電するような家電、ひげそりとかは大丈夫。だが友人で、お気に入りの乾燥機をわざわざ日本に持って帰ったら、ノロノロ動くために、通常1回で終わる乾燥機を2回回さないと乾燥しないため、結局買い直すことになったのだとか。。。国が違うと色々大変なのだ。お気に入りの家電が気がつくとストレスの原因にもなりかねない。皆の者も注意されたし。

というわけで、おいとまさせていただく。
 どろん!
posted by ななっこ at 22:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★アメリカのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

ホリデーシーズンって何?

アメリカではホリデーシーズン真っ只中!

年末にかけて、10月のハロウィーンを過ぎると、11月のサンクスギビング(感謝祭)というアメリカのビックイベントがあります。これはクリスマス等に続いてアメリカではとても大きなイベントです。

サンクスギビングというのは、アメリカに上陸した清教徒の初めての収穫時に行った感謝祭がそのはじまりといわれ、日本ではあまり知られていませんがアメリカではクリスマスと並ぶ一大イベントなのです。
家族と食卓を囲んでターキーの丸焼きを食べるのが定番です。

そのサンクスギビングを過ぎるとアメリカでは一斉の大セール期間を迎えます。どこもかしこもセール一色となります。この頃からクリスマにかけての約1ヶ月くらいをホリデーシーズンと呼びます。

この時期は一年で一番お買い物をする時期といわれていて、クリスマスショッピングなどでみんなお買い物に大忙しの時期です。週末になるとショッピングモールは大混雑だとか。お店もこのホリデーシーズンには一番の稼ぎ時です。在庫をたくわえ、セールを行い売り上げ増加に力を注ぎます。

なのでアメリカにお買い物に行きたい場合はセールがすごいこのホリデーシーズンを狙うのがいいかもしれませんね。ただみんなお買い物をするので品薄なのが難点といえば難点かも。。。

アメリカのスタッフによると、このホリデーシーズンはみんな何気にうきうきして仕事も手につかない感じだそうですよ。

クリスマスツリー

posted by ななっこ at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★アメリカのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。